株式会社 京動開発
about our company

コンプライアンス

経営理念

社長挨拶

会社概要

役員

事業内容

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
コンプライアンス

1.コーポレート・ガバナンス

 株式会社京動開発は、経営の健全化及び健全な成長を目的として、外部有識者を招聘しコンプライアンス経営諮問委員会を設置し、適切な法令等の下、事業活動が株主利益を重視したものになっているかを客観的にチェックするために、グループ企業のコーポレート・ガバナンスの仕組みを強化してまいります。
 また、スピーディーかつ健全な経営を行なうため、執行役員制度を導入し、意思決定機能と経営戦略・業務執行機能の分離を図りました。

2.コンプライアンス方針

 株式会社京動開発はコンプライアンスの実践を経営の最重要課題のひとつと位置付け、コンプライアンスの徹底は経営の基盤であることを強く認識し、企業活動において求められるあらゆる法令等の遵守はもとより、株式会社京動開発が公表した誠実かつ公正で透明性の高い企業活動を遂行します。

3.コンプライアンスの取り組み

 株式会社京動開発が目指す企業像
  • マーケットに常に対応できる人材を育成し、一人ひとりが誇りを持てる企業
  • お客様・社員・お取引先・株主などを含め社会の多様な期待に応える高い能力を謙虚な姿勢を持ち、関係する人々から信頼される企業
  • 社会的な規範を守り、公正かつ透明な活動を行なう社風を持ち、社会との調和を保って、広く世の中から尊敬される企業
4.行動規範
  1. お客様のご納得と満足を追求するとともに、社会的利益にかなう価値の創造・提供を行なう
  2. 全ての法律・ルールの遵守とその精神を尊重し、公正かつ自由な競争を行なう
  3. 広く社会に適切な情報開示を行い、経営の透明性と健全性を確保する
  4. 社員個人の人格・個性・生活を尊重するとともに資質向上と能力開発を最大化できる機会と環境を提供する
  5. 社会から批判を浴びる反社会的な者や団体の関与を永遠に排除する
  6. 司法・行政などの公的機関やマスコミ等の社会的存在に対して、公正・透明な関係を堅持する
5.社員実践

 行動規範の具体的手段
  1. お客様の声に対する適切な対応
    クレーム、ご意見等さまざまな声に対しては謙虚に耳を傾け、誠実かつ迅速に対応してまいります
  2. お客様のニーズ・シーズの把握と適切なサービス
    関連する全ての法律・ルールを遵守した上で、お客様の視点に立ち、そのニーズを反映させながら、その時代のサービス提供を行ないます
  3. 社内文章の管理
    社内作成文書及び外部より受領した文章については社内ルール、法令に従い適切に保管・破棄を行ないます
  4. 個人情報の保護に関する法律の遵守
    株式会社京動開発は顧客情報・社員のプライバシーに関する情報について適切な手段を講じ、常に漏洩しないよう努力し続けます
  5. 自己の認識
    社員一人ひとりが株式会社京動開発の顔であることの自覚を持って行動し、日々ブランド価値の形成に努力いたします
  6. 法令遵守の徹底
    正常な商慣習・法令に抵触するような取引等を、株式会社京動開発は行ないません。また、知識不足による違反がないよう日々自ら知識啓蒙に努めこれを遵守します。
7.グループ間取引

 グループ間協力・取引については適切な商慣習や法令を遵守し、第三者からの嫌疑を受けるような行動は行なわず、社会におけるグループの健全性を保ちます。

8.ステークスホルダーとの関係

 ステークスホルダー(お取引先等)との接待や正常・適切な慣習による贈答以外の一切を株式会社京動開発はお受けいたしません。そのような行為に及ぶ社員の存在を認めません。また、ステークスホルダーにおかれましては、そのような行為を求められた場合、グループ事業持ち株会社 京動開発コンプライアンス委員会まで申請・連絡をお願いいたします。申請・連絡された内容についてはご迷惑の掛けることの無い様に万全を期し守秘いたします。
 もし、ステークスホルダーがそのような行為・要求に応じた場合、株式会社京動開発とのお取引の一切を停止させて頂きます。

9.反社会的勢力との関係拒絶

 反社会的な者や団体との関係は断固拒絶いたします。これらの者、団体への利益供与は一切行ないません。

10.良好な職場環境の形成

 職場における差別、セクハラ等の人権侵害を排除し、良識ある職場環境つくりに努めます。

11.会社財産の保護

 常に株式会社京動開発はコスト意識を持ち、公私を峻別します。
Copyright(C)Kyodo-Kaihatsu Company Ltd.All right reserved.